痩身エステのマッサージであざができるって本当?

痩身エステでは強い力で脂肪をもみほぐすマッサージをするので、青あざができるといった噂があります。確かに一昔前は強引なハンドマッサージで青あざになるケースもありましたが、今ではそういった手法で痩身をはかる痩身エステはほぼ皆無といっていいでしょう。

あざは一種のけがです。肌表面に傷ができると出血してそれがかさぶたとなり治癒しますが、それが肌内部で起こっているわけです。肌表面にできる傷とは違って傷跡の心配はないかもしれませんが、やはりけがですから治癒までに患部がむくんだり痛みを伴ったりするわけです。そんな手法で痩せられるはずはありません。
今の痩身エステでももちろん脂肪をもみほぐすためのマッサージは行われます。ただ、脂肪をゴリゴリつぶすような手法は取らず、もみほぐして温める程度にとどめます。

さらに最近では手わざだけでなく、最新のマシンを使った痩身法も行われます。超音波を当てるだけで脂肪細胞を破壊して体外に排出できたり、体の内部を温めることで代謝をあげたりなど様々なマシンがあります。今のエステでは手わざとこういったマシンを併用することで、ほとんど痛みなして痩身できるのです。
自己流のダイエットで減量には成功したけれど、落としたいお腹周りとか足が痩せずに胸が落ちてしまったとか、代謝が落ちてリバウンド体質になってしまったという方、一度痩身エステに相談されてはいかがでしょうか。プロのサポートでなりたい体型に近づけるかもしれません。

Comments are closed.